フリースタイル分娩が痛みを和らげる|ママと赤ちゃんの絆

妊婦にとって大事な栄養素

サプリを持つレディ

妊婦にとって大事な栄養素である葉酸は、天然葉酸と合成葉酸がありますが高い吸収率となっている合成葉酸の葉酸サプリが人気となっています。細胞分裂が活発な妊娠初期に葉酸サプリで十分な葉酸を摂取することで、先天性の異常が発生するリスクを大きく下げることが出来るとされています。

もっと見る

安産を目指して

妊婦

臨月とは1妊娠10か月目のことですが、8割の妊婦さんが出産するのは正産期にあたる37週0日から41週6日です。この時期には赤ちゃんは外に出ていける状態になっています。赤ちゃんが下りてくると足の付け根が痛くなるなどの兆候が表れます。安産に備えて臨月には適度な運動をすることも大切です。

もっと見る

最近人気の出産スタイル

医師たち

楽な姿勢で出産を楽しもう

一般的に、出産するときの体制は、分娩台の上で天井を見ながら行うことが多いでしょう。しかし実際は陣痛などの痛みや、出産に対する緊張などで、仰向けのスタイルでは妊婦さんがリラックスできないことも多いようです。妊婦さんがリラックスするということは、痛みを和らげるホルモンが分泌され、出産自体の負担を軽くすることが出来るのです。そのために、少しでも妊婦さんにリラックスした雰囲気で出産に挑んでもらえるよう、最近ではフリースタイル分娩を取り入れている産婦人科が増えているのです。フリースタイル分娩での出産は、仰向けでの出産より母体や赤ちゃんへの体への影響も少なくすることが出来ます。仰向けでの出産は、重力に逆らう形で産道を上ることになるために、分娩時間が長くなり出血が多くなる傾向があります。産道を通る時間が長くなると、赤ちゃんの負担は増え心拍数低下を招くこともあります。このようにせっかくの出産を楽しもうというスタイルは、個人の産婦人科や助産院では増えているのです。

どのような姿勢があるの

フリースタイル分娩では、自分の自由な姿勢を取ることが出来ます。横向きやしゃがんだ姿勢、四つん這い、立ったままなど自分が一番楽な姿勢を撮ることが大事です。このようにさまざまな姿勢をとることが前提になるために、分娩に使われる部屋には分娩台はなく、畳を敷いた部屋などを使用します。人によってはお風呂やプールなどを利用する場合もあります。どの体位が楽なのかは自分自身しかわからないので、いろいろな姿勢を試して一番楽な姿勢を探すことが大切です。また、フリースタイル分娩を希望しても、必ずしも希望が叶うわけではありません。帝王切開を経験していたり、高齢出産であったり、妊婦さんが小柄であったりなどの理由で分娩方法が選べない場合もあります。フリースタイル分娩の最中に分娩台へ移動したり帝王切開に切り替わる可能性もあります。一番は母体と赤ちゃんの生命を守ることが大切なので、いろいろな可能性があるということは頭に入れておきましょう。

妊活に最適なマカの選び方

サプリメント

妊活マカを選ぶ際には、どの様な成分が入っているのかをしっかりと確認して、効果の高い安全な物を継続して利用する事が大切です。不妊治療に大切な事は、女性の体を妊娠しやすい体質にする事であり、妊活マカを利用する事で血流を良くして体調を整える事が出来ます。

もっと見る